めざせマスター・オブ・ライフ。面白いことは何でもやりたいです。自分の肌で感じたことを大切にしてお伝えします。


by return_to_nature
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

マーケティング・バー

d0009834_14405766.jpgちょっとビジネスライクな話。こんなバーあってもいいかも、と思いました。
ミクシィで盛り上がってたので、ご紹介。




-------------------------------
バーテン、ホステスが全員弁護士というバーが銀座にあるとかないとか。
遊びをかねた営業活動の一貫のようで、ホステス(女性弁護士)がおしゃべりをした後、では事務所にいらっしゃいという展開もある。
コンサルタントバーとでもいうようなもんでしょうか。
理屈的にはあっても良いように思います。
・・・・・・
-------------------------------

専門的な領域ってなかなか踏み込みづらいし、こういう門戸の開けた入り口を用意する、というのはアリかも、と思います。
そんなに専門的ではないけど、周りを見るとスターバックスでは「テイスティング・パーティ」(2006年11月のブログ参照)とかやってるし。
あれに参加すると、なんとなくコーヒー通になった気がしてワンランク上の「詳しい人」っぽいチョイスをする・・・、てかんじで結果的にスタバ的には市場発掘できてるような気がする。顧客レベルの底上げみたいな・・・

・・・じゃあ、例えばヘアサロンとかで「スタイリング・パーティ」てのが参加無料であったとしたら・・・、どうなんでしょかね。
営業時間外とかに軽い食べ物と飲み物片手に、サロンに置いてるスタイリング剤とかシャンプー・トリートメントとかを使い放題にして、普段カットの時に聞けないようなことを美容師さんにいろいろ教えてもらう。
別に何か買わないといけない、なんて雰囲気は全くナシにして、とにかく自分の髪の長さで色々ヘアスタイルで遊ぶ、みたいな。
サロンに置いてるモノを落ち着いて自分から触ったり見たりする機会って多くはないですよね。

僕も業界に入るまで知らなかったけど、スタイリングって割と幅広くいろんなカタチを作れます。
男はまあそうでもないけど、女の人は長さがある分、ホントにそう思います。
アップスタイルとかは難しいかもしれないけど、毎日する髪型でもいろいろ知らないことはあるもんです。
自分の今の髪の長さは、こういう形しかできない、と思ったらマチガイで、服も試着してみないと分からない事があるように、ヘアスタイルも同じような事があるように思います。
そういうのを気づく事ができる場、ってのがあるとすごい面白いような気がしました。
スタイリングなんて、割と毎日やってますもんね。
服に合わせて髪形もちょっと一工夫とかできたら、なんか上級者ですよね。

どうでしょか、こんなん?お客さんが気軽に参加できるなら、面白そうじゃありません?
[PR]
by return_to_nature | 2007-05-12 23:30 | 雑学